• ホーム
  • ピルの世代別プロゲステロン量一覧|目的に合った世代を選ぼう

ピルの世代別プロゲステロン量一覧|目的に合った世代を選ぼう

実はピルには世代という物があり、それぞれの世代によって効果がかなり変わるという事は知っていますか。またそれぞれによって含まれるプロゲステロン量も変わります。

まずは第一世代と呼ばれる、開発されてすぐのピルです。これはプロゲステロンにノルエチステロンという女性ホルモン剤を使っていて、経血の量が減ったり生理痛を和らげる目的で使うことが多いでしょう。
歴史が古く使っている人も多いものになるので、手に入れやすく使いやすいとされています。口コミも多いのでとにかく安全なピルがいい、という場合は利用しましょう。

次に、第二世代になります。こちらはノルレボゲストれるというホルモン剤を使っていて、ホルモン剤の量や内容に変化がある物でもあります。飲む順番が明確に決まっているものもあり、ホルモン量の管理などをしたい時には良いでしょう。
含まれるホルモンの量が少なくなり、生理周期をコントロールしやすくなったり、副作用や不正出血を防ぎやすくなるのではないか、といわれています。

第三世代はその後に開発されたピルで、プロゲステロン剤がそもそも違います。アンドロゲン作用という男性化症状を押さえてくれるので、多毛やニキビのケアに使われることも多いでしょう。
このため、比較的美容に興味がある人が使っていることが多く、美容効果を求めるならプロゲステロン剤を選んでいる人に向いたものになります。

第四世代というのもあり、こちらはとにかくプロゲステロン量が少なくなり、避妊効果はある上に月経困難症などの治療に使われています。副作用が少なくマイナートラブルとなる腹痛や頭痛が少ないとされています。
特に月経困難症で保険適用にしたい時や、月経困難症などを何とかしたいという人にはおすすめです。おなかの調子が悪かったり月経時にお腹が痛い人、調子が悪い人などに効果があるでしょう。

基本的に世代が変わるごとにピルに含まれるプロゲステロン量が違い、徐々に減ってきている傾向があります。一般的に副作用が少ないと言われているのはそういった種類などではなく、その人とピルの相性がいいかどうか、という事になってくるのです。
ピルの相性が悪い場合は他の種類を試したり、プロゲステロン量が違う種類を選ぶといいでしょう。他のホルモン剤なら使えるかもしれませんし、他の種類なら副作用が極端に少なくなるかもしれませんので、もし副作用が辛いならいろいろ試してみるのがおすすめです。