• ホーム
  • 超低用量ピル「ヤーズ」にも副作用はある?

超低用量ピル「ヤーズ」にも副作用はある?

嬉しく笑っている女性

これまで、毎日飲むピルとしては低用量ピルというのが一般的でしたが、最近ではそれにプラスして超低用量ピルというのも出てきています。この超低用量ピルというのは一体何なのかというと、含まれる女性ホルモンの量が少なく、特にこれまで使われてきた低用量ピルよりも少ないため、女性にとってリスクが少ないのでは、というピルです。超低用量という名称なので効果に疑問があるかもしれませんが、実際は低用量ピルと何ら変わりありません。効果については特にこれという違いはなく、避妊や月経周期の安定などが出来ます。

特に超低用量ピルで有名なのはヤーズという薬で、こちらは様々な効果を持ちます。当然ですが、避妊や月経周期の安定、月経日や出血量の軽減などが出来るでしょう。また、ヤーズの場合はしばらく月経を起こさないようにする方法などもあり、これまでの低用量ピルと違って活用方法に幅があります。

とはいえ、ヤーズにも副作用はあります。まず、飲み始めでまだ体がホルモンに慣れてない場合は、つわりのような症状が出る、という事は考えられるのです。具体的には頭痛や吐き気などで、そのほかにも不正出血や性器からの出血、月経痛のような症状が出る場合もあります。これらの症状が出たら医師や薬剤師などに相談し、服用を続けるかどうか決めてください。

次に副作用については、血栓症になるリスクが高くなります。例えば足にむくみや痛みが出たり、突然息切れしたように呼吸が荒くなった、胸や頭に痛みがある、などと言う場合は血栓症になり、特に血の塊がどこかに詰まってしまった可能性があるのです。この場合は、すぐに医師の診察を受けてください。その他にも様々な副作用の可能性があり、特にアレルギー症状が出たり、妊娠中や妊娠などの可能性が出た場合も服用を中止してください。

とはいえ、こういった副作用はだいたい他の低用量ピルや超低用量ピルとはあまり変わりありません。このため、一般的にピルを飲み慣れている人がヤーズに切り替える時は、副作用やリスクなどこれまでの定量量ピルとあまり変わりないのです。同じように毎日飲み続けることで、女性特有の症状が改善したり、避妊効果も得られます。特にヤーズは月経困難症の治療などにも使われていますので、日本で認可されている薬に間違いはありません。 またヤーズは通販でも購入が可能で、通販購入の人気は高いです。 ヤーズを通販するメリットとして、好きな時に購入が可能な事、まとめ買いでの割引が受けられる事が挙げられ、使用方法や効果も詳しく記載されております。気になった方はヤーズの通販サイトをチェックして見るのが良いかもしれません。